『派遣社員は有休を取れる?』いつから?日数は?基本ルールと仕組み

 

有休って正社員以外取れないと思っている方もいるそうですが、

まず結論、派遣社員の方もパートタイムの方であろうと有休の取得は可能です。

 

もちろん有休が取れるのは条件があるので、基本のルールを知っておきましょう。

スポンサーリンク

 

労働基準法の39条から引用すると「使用者は、その雇入れの日から起算して6ヶ月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した10労働日の有給休暇を与えなければならない」とあります。

 

有休は雇用形態(正社員、派遣、アルバイトなど)に関わらず一定の期間を就業していれば取得出来るものなのです。

 

 

有休はいつから何日取得できるのか

 

こちらもとても多い質問ですが、まず労働実績に基づいて計算されるため一概には何日間とは言えません。

ただ、基本的に週5日のフルタイムで就業している場合は、よっぽど休みが多くなければ6か月後に10日間付与されます。

 

その後は1年ごとに付与されていきます。ただ有休も最大保有日数が会社によって決まっているので、使わないと無駄になってしまうケースもあります。

 

また、もしあたなたが時短勤務や週2、3日間の勤務をしているようなら6か月後に取得出来る有休日数は10日間よりも少ないでしょう

正確な有休日数は6か月後に派遣会社に確認しましょう。

 

 

派遣社員が有休利用するためのルール

 

派遣会社によって有休の利用方法のルールが異なるので気を付けましょう。

スポンサーリンク

ある企業においては、有休を正社員同様に分割して半休利用できて、ある会社においては半休利用が出来ないことも多々あります。

 

また有休を後日申請できる企業と出来ない企業もあるので、こちらには特に気を付けましょう。後から「あ、忘れてたけど申請しよう♪」なんて思ったら利用できなく欠勤になってしまうこともあります。

 

逆にどの派遣会社でも同様のルールとしては、有休を利用する場合必ず就業先企業と派遣会社の双方に連絡をする必要があります。

 

「~~に有休を利用するためにお休みをします」ということをしっかりと出来るだけ事前にお伝えしましょう。場合によっては、それでは現場が回らないということもあるので、権利とは言え、企業と調整しながら取得しないと問題になる場合もあります。

 

以上、有休に関する基本ルールでした。

正確な日数が知りたい方は「いつから、何日利用できるのか」を登録されている派遣会社に確認することをおススメします。

 

画像出典元  画像出典元②  画像出典元③

 

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top