『派遣から正社員になりたい20代までの方へ』経験・経歴問わずに1か月で正社員に

 

29歳までの方が正社員になれるチャンスがあります。

近年、雇用の安定化を図るために国が非正規雇用で働いちている不安定な状況を打破し若者の正規雇用率を促進するための事業を民間企業と一緒に取り組んでいます。

 

今回ご紹介するのは「TOKYO START LINE 若者正社員チャレンジ事業」です。

スポンサーリンク

 

最近、綾野剛や坂口健太郎がCMに出ているDODAでおなじみのパーソナルキャリア株式会社東京都が委託して進めている事業です。

 

 

「東京スタートライン」とは

 

「東京スタートライン」の目的はフリーターやニート、派遣のような非正規労働者の方や無職の若者(29歳以下)の雇用支援するための事業です。また若者を採用したい企業に対しては紹介手数料を無料で採用のお手伝いをしてくれる事業ともなっています。

 

もちろん、望んでそのような形態で就業されている方もいると思いますが、
将来が不安であったり、前向きに正社員を目指されている方にはとてもおススメの内容となっております。

 

 

 

 

「東京スタートライン」の参加条件

「東京スタートライン」の「公式HP」にある参加条件は以下のものが記載されています。

 

「参加条件」

大学院、大学、短期大学、高等専門学校、専修学校または高等学校等を卒業して3 年以上が経過した29 歳以下の求職者で、以下の要件のいずれかを満たす方。

条件が合う方であれば選考はありません。 ※学生不可

  1. ・卒業後、就職・就業経験がない方
  2. ・卒業後、非正規での就業経験のみの方
  3. ・直近2年以内に正社員の職歴が通算1年を超えない方

 

 

本来、上記のような経歴の方の場合は

スポンサーリンク

日本においては正社員として就職することは困難ですが、「東京スタートライン」では、そういった方々を支援するためのカリキュラムとお仕事が用意されています。

 

    

 

「自己アピールできる経験がない。、、」

「経歴にブランクがありすぎて心配、、、」

「非正規ではなく正社員になりたい、、、」

「どんな会社で働くことが向いているんだろう、、、」

そんな悩みを解決しましょう!

 

 

具体的なカリキュラムの流れと内容

出典元

 

①WEBでの登録

 

まずは「公式HP」より簡単な必須項目を数点記載して、送信します。

その後、登録したアドレスにメールが届くのでそちらのURLに飛ぶことで正式に登録できます。

 

ハローワークなどと違い面倒な履歴書や写真などの提出はいらず1分足らずで登録が出来るのもいいですね。

 

 

②パーソナルキャリア社より専任担当者が直接ご連絡

 

DODAでもおなじみの業界最大手であるパーソナルキャリア社の専任担当者よりあなたへ連絡が入ります。

ここでは挨拶に合わせて、その後のための事前カウンセリングの日程調整などが行われます。

 

今後、あなたの仕事や将来に対しる不安や悩みになどに相談にも乗ってくれる頼もしい担当者です。業界最大手ということもあり、そこで活躍する担当者は現在の市場感はもちろんあなたの良いところや向き不向きに合わせてマンツーマンで正社員への道をサポートします。

 

 

③「合同企業説明会」への参加

 

「東京スタートライン」へご登録されている方が、事前ヒアリングを行うと

その後「合同企業説明会」への参加が可能となります。

そこではメーカーから商社、IT企業や物流・貿易会社、編集・出版会社、コンサルティング会社など多くの業界の会社が一同に集まっています。

 

しかもこれらの企業では、フリーターや非正規社員の方のみが参加していることを理解した上で将来を考え、就職する意思がある若者を採用したい企業だけが集まっています。

周りの参加者の方もあなたと同条件・同状況の方々がほとんどです。

 

そこに差などはなく、あなたがどうしたいかという意思のみが大事になる場とも言えるでしょう。

 

 

④実習先の企業を選ぶ

普通の就職活動においては、説明会で気になる企業の話しを聞き

そこから応募をして、、、、

 

といった手順となりますが、この「東京スタートライン」では

気になる企業があれば、専任の担当者と相談した上で「実習に参加する企業を選ぶ」ことを始めます。

 

実習ではインターンのように企業で実際に社員として働いてみることです。

そこでは実際の業務内容や職場の雰囲気、仕事の進め方など仕事を決める上で
とても大切なことを知ることができます。
企業としても実際の働きぶりや意欲などから求職者の方を実習を通して
間近で評価できるので、双方にメリットがありギャップが生まれない仕組みになっています。

 

 

⑤実習前セミナーを受講し、実習へ

出典元

 

実習先を決めたら、その後すぐに実習、、、ということにはなりません。

まずはパーソナルキャリア社のしっかりと整った実習前セミナーにて基本的マナーや社会人としての心構えなどのセミナーを受講します。

 

そこで、事前に抱えている不安などを払拭した状態で実習に望めるので、より安心したサポート体制と言えます。

 

そして、実習が始まると企業側が用意した「20日間」のメニューに沿ってお仕事に取り組んでいきます。

 

 

⑥実習企業への就職希望があれば応募→選考→採用

出典元

 

実習を終えて、「この会社で働いていきたい」と思えたのなら

改めてその企業へ応募をします。

 

その企業で面接の結果、双方が合意できれば晴れて採用となります。

 

普通の就職活動における応募や面接と異なり、

今までの経歴や履歴書などは問われません。そして何より実習で参加している企業なので、その時の働きぶりや姿勢・意欲が評価されていれば自然と合格できるはずです。

求職者としてもすでに実習で働いてるので、仕事の内容や職場環境・雰囲気に大きな違いもありません。

 

またパーソナルキャリア社はここでの応募書類の書き方や面接対策なども専任担当者がサポートに入ってくれるので最期まで安心して面接まで取り組むことが出来ます。

 

実習前から実習中や最期の面接までサポートが入るので、後は正社員として働いていきたいという意思を持ってすれば正社員として働ける可能性は高いでしょう。

 

 

「東京スタートライン」のまとめ

 

①フリーターや派遣などの非正規社員の方が正社員で働けるように特化した支援事業

ウェブの簡単登録だけで1か月後に正社員になれることもある

③専任の担当者がマンツーマンで最期までサポート

20日間の実習で入社後のギャップを生まない

⑤採用が決まったら10万円の奨励金が付与される

 

公式登録ページはこちら→これまでに、500名以上が就職決定!若者正社員チャレンジ事業 

 

最期に

実は私も以前勤めていた派遣会社にてこのような若者就職支援事業に携わっていたことがあります。

厚生労働省からの委託を受諾し、紹介予定派遣の形で正社員を目指している方を支援する事業をしていました。

 

そこではほとんどの方がお仕事を決めていかれましたが、スタッフの方は本気で正社員を目指している方でした。その想いを聞いていると「この人のお仕事を決めてあげる力になりたい」ととても思ってサポートしていた事を思い出します。

 

パーソナルキャリア社の専任担当者もそんな想いで支援してくれるはずなので、

もし一歩踏み出せない方がいたら、まずは気軽に登録とヒアリングだけでも始るのはいかがでしょうか。

 

画像出典元
スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top