【対策】派遣先が暇過ぎ!辛い!「辞めたいけど理由として大丈夫?」

 

派遣の営業マンをしていた時にたまにいただくご相談であり、自分も派遣社員の際に1度経験したことがあります。

「とにかく、、、暇な職場」

 

「派遣先の職場が暇」と聞くと、正社員や忙しい派遣社員の方からすれば「羨ましい〜!私と変わってくれ〜!」と思うかもしれません。

スポンサーリンク

 

ただ思っている以上に「暇」というのは辛いです。

 

周りの社員が忙しそうにしているのに自分だけ仕事がない状況、「何か手伝うことはありますか?」と聞いても遠慮がちに「だいじょうぶですよ」とニコッと笑顔、、、

 

とにかく時間が過ぎるのが遅いんです。いくら残業がなくとも8時間ほぼ暇となると、精神的に辛くなり周りの充実してお仕事をされている人が羨ましく感じたりしてしまうものです。

 

意外と多い「暇」な派遣先

 

派遣社員と言えば、人が足りていないからこそ募集されているというイメージだと思います。

 

ただ実際は部としての予算を使うために人を雇うパターンや、増員のはずが実際は現場や人事が思うほどの業務量ではないこと、暇だけれど秘書のため「居る」ことに意味がある秘ポジションの場合など様々なケースで「暇」な職場というのは存在しています。

 

またいざとなった際の頭数に入れておきたいことや繁忙期に備えて今だけ手隙ということもあります。

 

 

暇な職場での対策

 

①他の人に手伝う意思を伝える

 

まずは自ら同じ部署の人や上長、可能な環境・関係性であればお隣の部署のお手伝いなどを申し出ましょう。

お隣部署でも上長を通して「時間が空いているため忙しい人のお手伝いできます!何かありますでしょうか?」と聞くことは問題ではありません。

スポンサーリンク

 

またそれで上長やお隣部署からの評価に繋がる可能性もあります。まずは自らアクションしていきましょう。

 

暇なことはあなたに責任があるわけでは一切ないものの、環境を変えるには自ら動く必要があります。

 

また普段から部署を超えて社員の方とコミュニケーションを取っていらっしゃる方は困った時に助けてもらえる関係性にあります。

そのためお仕事を教えてもらったり、追加してもらったりご自分でコントロール出来る環境を作りあげることも可能です。

 

 

②資格取得・スキルアップの時間に

暇なことを伝えたり、お仕事を手伝う意思を示しても変わらない時は

上長、もしくは派遣元を通して「資格取得・スキルアップ」のための勉強時間としてしまいましょう。

 

派遣や正社員でも事務のお仕事の場合は常にEXCELlスキルが最も求められるためEXCELの本など持ち込んだり、ネットに載っている情報で表作成や集計などを試してみてはいかがでしょうか。

 

英語なども良いと思いますが、PCを利用する以外のお勉強だと周りの社員の目もあるためやりずらかったり、上長としても許可出来ないことがあります。

 

「〇〇の資格をいつまでに取得する!」という明確な目標を設定し、それまでは今の職場でも続けるという割り切りもいいかもしれませんね。

 

 

③派遣元に相談する

お仕事を手伝うことを伝えたくても、社員の方がとても忙しそうにしているために聞けない環境ってありますよね。

 

もしくは上記①と②を申し出ても派遣先が一切聞く耳をもってくれない場合もないとは言い切れません。

 

そんな時は溜め込みすぎずに、しっかりと派遣元の営業さんに相談しましょう。

派遣元を通して、会社として派遣先人事や現場に伝えてもらうことは時には効力も持ちます。

 

それでも変わらず、日々お仕事をすることが(むしろお仕事が出来ない環境ですが)続くのであれば「更新せずに辞める」ことも視野に入れる必要があります。

 

ただここで大事なのは「更新しない、辞める」前に必ず考えるべきことが、辞めるタイミングやご自分のスキル・年齢です。

 

 

 

更新しない・辞める前に考えるべきこと!

 

「派遣先が暇なため辞めます」ということは決して派遣元としての評価を落とすわけではありません。

まずは対策を行ってからの話ではありますが、派遣元が介入しても変わらないような環境であれば、企業側に問題があるため、理由としてダメということはないです。

 

もちろんそういった環境を変える努力をされても変わらず、それでも継続して頑張られた方は派遣元からはとても評価されることになり、次のお仕事案内等にも繋がります。

 

ただ、やはり「暇」というのは時間が過ぎるのも遅かったり、ネットサーフィンの許可を得たとしても罪悪感があるものですよね。

 

「辞める」という選択肢も時には必要になると思います。

 

しかしそんな時、一旦考えていただきたいのが

「タイミング・スキル・年齢」の3つです。

 

まずタイミングとして求人がかなり少なくなりやすい5月・7月・8月・1月辺りでは辞めるタイミングとしては微妙かもしれません。

かなりのスキルや特別な資格や経験をお持ちであれば良いのですが、そういった求人自体も少なくなりやすいです。

 

またスキルにおいても、あまりOAスキルが高くないとご自分で感じるのであれば、

暇な環境を活かしてスキルアップ・資格取得を目指してはいかがでしょうか。

次のお仕事を探すとなってもスキル上でお仕事がない可能性もあります。

 

そして最期に「年齢」です。

 

これは悲しいことに、企業はどうしても年齢に線を引きがちです。いくらスキルや経験をお持ちでも50代以上となると、求人には書いていないものの、派遣元に言われている年齢条件にて弾かれる可能性がかなり高くなりやすいです、、、

 

「更新しない・辞める」選択肢を選ぶ場合は、まず上記3点、ご自分に照らし合わせながらタイミングなどを考えてみて下さい。

 

正直に派遣元へ辞めるタイミングやご自分の市場価値などを聞いてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク
Top